餃子の魅力について

私の1番の好物は餃子です。今回は、餃子の魅力について語っていきたいと思います。餃子は、中国が発祥の料理ですが、日本に伝わってきてから独自の進化を遂げてきました。今や餃子好きは全国に数多く存在し、餃子同好会などという言葉もしばしば耳にすることがあるほどです。なぜ餃子はそこまでの人気を誇っているのでしょうか?おおまかに分類すると、餃子とは、小麦粉で作られた丸い皮に餡を包んで加熱した料理のことといえますが、その加熱の仕方によっても大きく異なる味わいが楽しめることが人気の一つです。日本では、おもに焼き餃子、水餃子、揚げ餃子といった3種類の調理法が挙げられるかと思います。もっとも家庭的でスタンダードなのは焼き餃子で、言わずと知れた、パリパリとした香ばしい焼き目ともちもちとした皮のコラボレーションが食欲をそそります。水餃子も人気が高く、焼き餃子よりもさっぱりとして、もちもちとした食感もより楽しめます。揚げ餃子は、焼き餃子よりもより香ばしく、食感しっかりしています。このように、それぞれの調理法にそれぞれの魅力があります。次に、食べるときのタレにもポイントがあります。有名なのは、醤油をベースに、酢やラー油でアクセントを足すといった食べ方です。もちろん、この食べ方もすばらしいとは思うのですが、私の家では、醤油もしくはポン酢とからしで頂くのがスタンダードでした。昔はこれが普通だと思っていたのですが、調べてみるとかなり少数派であったことに驚きました。ラー油よりも辛味がストレートに伝わってきて、餃子と非常に相性がよいので、やったことがない人は是非やってみてほしいです。また、特筆すべきは、ご当地餃子というジャンルです。その名の通り、その土地特有の餃子が存在するというわけです。有名なところでいうと、宇都宮餃子や浜松餃子。特に浜松餃子は特徴的で、餡にはキャベツ、玉ねぎ、豚肉を使っており、茹でたもやしと一緒に食べることで口の中をさっぱりとさせ、餃子に飽きることなく、いくらでも食べられるようになっています。是非一度現地に行って食べてみたいものです。また、福岡の博多には、豚骨ベースのスープで煮た炊き餃子などというものも存在するそうです。考えただけでヨダレが出てきそうですね。このほかにも、多種多様なご当地餃子が全国に存在します。いつか全てのご当地餃子を制覇してみたいと思います。以上、餃子の魅力でした。これからも餃子を食べ続けることをここに誓います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です