子供の頃の記憶

大人になると子供の頃楽しんでいたこととの距離が出来てしまいます。大人は仕事や家事育児で忙しいですからね。遊ぶ時間だってスケジュールを見ながら決める始末。子供の頃は元気に友達と遊ぶのが仕事のようだったのに・・・。

それでも子育てしているとおりに触れて子供の頃の記憶が蘇ってきます。子供が大きくなるにつれて「こんな時があったあんな時があった」というように自分の子供時代を思い出すのです。

私は子供の頃アニメが大好きでした。今のようにテレビで気軽に映画を見るなんてできない時代、何が楽しみだったかといえばテレビ放送されるアニメやドラマ。続きを早く見たくてその日がくるのを心待ちにしていた記憶があります。

40代の今、子供も成長し子育ても終わりに近づいています。自分の時間がもてるようになったので先日映画版アニメをじっくり見ました。子供の頃よく見ていたアニメです。20代で働くようになってそのアニメを見なくなりました。見たくても見る時間がなかったから。

やっと好きなアニメをじっくり見られるようになって久々に楽しみました。そして感動して涙が流れました。年を取ると涙腺が弱くなると言うけれど本当ですね・・・。子供から大人までで多くのファンがいる長寿アニメですが、やはり何十年も続いているアニメというのは素晴らしいんだと改めて思いました。

大人になると悲しいかな子供の頃の気持ちを忘れていきます。完全に忘れてしまえば楽になれるけど完全に忘れられないから悲しいんですね。すさんだ気持ちになりやすく精神を病んでしまいそうになることもあるけど、アニメを見ると心が豊かになったり子供の心を取り戻します。

パッと出てパッと消えるようなアニメではないですよ。私が子供の頃から今に至るまで続いている長寿アニメのことです。見ていると子供の頃を思い出したり子供の時の純粋な気持ちに返れるから良いんですよね。エネルギーを補給しているようなそういう気持ちになりながら最後まで楽しみました。

仕事仕事で自由が減り束縛されることも大人になれば仕方がないと誰もが思っているでしょう。でも世界的に見れば日本人は真面目すぎるんですね・・・。毎日神経を張り詰めて生きているからちょっとしたことがきっかけでバーンとはじけてしまう。ちょっと地雷を踏むと爆発して周りを巻き込み大変なことになってしまうわけです。

たまにでいいから感動できるアニメをじっくり見ると心が洗われますよ。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です